専業主婦の借入額の適正範囲

専業主婦がキャッシングを利用できるかどうかというのは、

 

 

2010年の貸金業法の改正(総量規制)によって大きく変わってきた


ので今回はそれを紹介していきたいと思います。まず専業主婦ということで本人に収入が無いという条件がありますが、実はこの場合でも借入をすることができるキャッシングが存在しており、さらには配偶者の同意が無くても申し込みができるキャッシングが増えてきています。実際にこのキャッシングを利用できるのは、

 

 

総量規制対象外である銀行系ローン


が多く意外と思われますが、収入の関係性上借入限度額は低いか最低ラインまでとなっており、大体平均して30万円ほどまでしか借入をすることができないことに注意しておくといいでしょう。有名なところといえば

  • みずほMyWing
  • じぶん銀行カードローン
  • スターカードローン
  • セブン銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン

があるので検討してみるのもいいでしょう。また仮に配偶者の同意がある場合には、

 

 

配偶者貸付という制度があり配偶者と合わせた年収の1/3までの借入を可能


にしてくれるキャッシングも存在するので、まずは一度ホームページ上やパンフレットなどでチェックしてみるのもいいでしょう。このように専業主婦での借入限度額の適正は、配偶者の同意がない場合には30万円程度がせいぜいでありますが、配偶者の同意がある場合には年収の1/3ほどが限度となるので、多くを借入したいと思っている場合には配偶者の同意を取った方が有利となります。

 

またその使い道ですがよっぽどのことがない限り申し込み時に突っ込んで聞かれるものではないので、基本的には生活費からショッピングまでの様々な使用用途や目的に使うことができると言えるでしょう。