これで完璧パート収入と扶養控除

専業主婦がパートをする際に注意すべき扶養控除と年収について説明します。

所得税の扶養の壁

パート収入を給与取得(所得税)の面から見た場合、

 

 

配偶者控除と配偶者特別控除にて103万円と141万円で壁が発生します。


103万円までは、配偶者控除と給与所得控除により所得税は一切かかりませんが、103万円を超えると段階的に累進課税対象となります。

 

 

更に141万円以上の場合、控除額は0となります。


住民税の扶養の壁

次に給与所得(住民税)の面から見てみます。住民税は地方自治体が定める額以下の場合、住民税が非課税となります。東京都の場合、その額は35万円であり

 

 

住民税35万円と給与所得控除の65万円を足した100万円が住民税控除の壁となります。


社会保険の扶養の壁

最後に社会保険(国民年金、厚生年金、健康保険)の面から見た場合、

 

 

扶養控除の判断の壁は130万円となります。


130万円までは、配偶者の扶養家族とみなされ、健康保険料や年金を払う必要はありません。しかし130万円を超えた場合、健康保険料と年金を支払う必要があります。所得税、住民税、年金保険料の壁となる金額をまとめると以下のようになります。

100万円以下 所得税、住民税、年金保険料すべて控除
103万円以下 所得税、年金保険料が控除、住民税の控除なし
103万円〜130万円 所得税が段階的に課税、年金保険料は控除、住民税の控除なし
130万円〜141万円 所得税が段階的に課税、年金保険料を支払う必要あり、住民税の控除なし
141万円以上 所得税、住民税控除なし

(※但し住民税は東京都の場合)
年金保険料を支払う必要あり住民税については、ご自身の居住している自治体の金額を確認して計算しましょう。